いわゆるやまなしおちなしいみなし
 
円周率3パーセントの備忘録
 



Show by Sep/2006

円周率3パーセントの日常

探偵ナイトスクープを見ながら寝てしまった俺は、結局童話迷宮で起こされた。無意識にチャンネルを変えていたらしい。
変身グッズのおもちゃが発売されるようで、ようやくこども向けアニメの体裁を整え始めたこのアニメを見ながら、白米とみそ汁という実に現実的な食事を済ます。
一体なぜ、コナミはカードに拘るのか。
あの変身グッズには特にカードの必要性は感じられないし、カードを集める冒険的な演出もよく分からん。
もっぱら最近の習慣となっているエンディングのスタッフロールを眺めてみると、白石涼子の名前を見つける。
ちょうど昨日見た灼眼のシャナに出てたな。
この人の声、去年の10月から毎週一回は聞いているはずなのに全く気づかなかった。
東海ラジオリスナー仲間がファンだと言っていたのは彼女だったかな?かな?
昼頃にまたテレビを点けるとコスプレサミットの番組をやっていた。去年は万博会場でやってた妙な催し物。一昨年は実況しながら見ていたような気がする。
海外にもかかわらず、日本とほとんどタイムラグがないことに驚いた。どうなっているんだ。
かしましの時もファンサイトの中には英語漬けのものもあったことを思い出した。
結局、白米と焼きそばという昼飯を食べながら見ることとした。
ほとんど知らない作品なので別にどうってことない。
が、CMに入ったかと思ったら聞き覚えのあるフレーズが。
「First kissから始まる~♪」
口から焼きそば、いや、夢がこぼれた。
まさかあのCMを昼間から見ることになるとは予想もしていなかった。驚き桃の木山椒の木。
金曜37時半だな、これじゃ。深夜からそのまま起きている人は乙。
さて、バイト代も入ったことだしかしましのDVDでも買ってくるか。
何、ど祭り?栄近辺は危険だな。雑踏に巻き込まれた自転車ほど厄介なものはない。
名駅だ。名駅のソフマップだ。
昔『オレオレ詐欺のドナタ』を買った時に作ったポイントカードを持って名駅のヤマギワソフトに向かう。
やや人が多いようだが、栄に比べればマシだろう。
人生初めての収入はアニメのDVDに化けた。
まあ、この話は何度見てもいいからな。はまりすぎて体調崩したのはこの話の後だ。次の話はテレビ大阪で見た思い出の話だ。
楽しみで仕方ない。
しかし、この話季節にピッタリすぎるな。チケットの有効期限が平成18年8月25日になってるや。
DVD発売に合わせて季節を調整していたのか、恐るべし。
ろくな一日じゃないな、コレ。引きこもってないだけマシということで



Aug.27(Sun)22:58 | Trackback(0) | Comment(0) | テレビ・映画 | Admin

オーストラリアより大きいものが大陸、グリーンランドより小さいものが島

夕刊を眺めているとこんな記事を発見した。
冥王星、「降格」へ=太陽系惑星「8個」に縮小-天文学連合、定義案で最終調整
 国際天文学連合(IAU)が、冥王星を惑星から「降格」させる方向で最終調整。
 国際天文学連合といえば、星座の総数を決定したり、新星を発見した際の申請窓口として知られている国際組織。
先日、太陽系の惑星が12に増えるかも、というセンセーショナルな記事が載ったばかりだったが、通信社の勇み足だったようだ。
結局のところ、冥王星がネックな訳で、冥王星より大きい小惑星が惑星じゃなくて、小惑星より小さい天体がなぜ惑星と呼ばれているのかというのが争点。
先日の報道で出てきたのは、冥王星が最小の惑星であるなら、その辺りにラインを引いて、ラインより上にある惑星的天体を惑星と呼ぶという解決策。
今回の報道では、冥王星は実は惑星と呼ぶに足りない天体であったから、惑星のグループから外してしまおうという解決策。
どちらにしろ、ここではっきりさせることになれば、教科書の書き換えは避けられない。
 どうやら両親が天文マニアらしく、小さい頃からよく名古屋市科学館のプラネタリウムに連れられたりしていた。
天体望遠鏡で星を眺めたこと(なぜか家に二本も望遠鏡がある。一本はコンピュータ搭載)も、獅子座流星群が降ったときは起こされたこともあった(さして興味がなかったこともあって、ポケットラジオで朝鮮語の放送を熱心に受信していた覚えがある)。
 まあ、星なんてどれも同じ白い点にしか見えないし、さして興味ないんだが、いろいろと思い出があるので、このニュースの行方を見守っている。

 ところで、最近「ジョン・ベネ事件」というのが世間を騒がしているらしい。実際の事件はよく知らないのだが、ジョン・マーク・カーなる人物が逮捕された。
 最初は、幼児愛者で「美少女」が成長するのに堪えられなくて殺したのかなとか勝手な想像をふくらましていたが(変なネット小説の見過ぎかな)、容疑者がタイにいたのは性転換の準備のためではないかとの報道がなされていた。
顔周りの永久脱毛をして満足していたというコメントもあった。
 確かに、タイは性転換手術の本場だ。カルーセル麻紀あたりの世代だとモロッコなんだろうけども、今は手術出来る医師がいなくなったらしく、もっぱらタイなんだそうだ。
 そうなるとよくわからなくなる。「美少女」にあこがれて、それ自身になろうとでもしたのか。嫉妬でもしたのか。やっぱり幼児愛者なのか。
性転換手術する人間の全てが同性愛者というわけではなし、同性愛者が性転換手術するとも限らない。
変態だの異常性愛と片づけるのは簡単だが、その向こうにあるものは実に複雑で奥深い。
 一時期、性の間に興味を持ったことがあって(アメリカ同時多発テロの日の22時台のテレビ東京の番組がニューハーフに関する番組だった覚えがある)、図書館で本を読んでみたりしたことがある。
ふと、家の本棚を見ると性別の間を漂うような本やらビデオがあった。ん?これ誰のだ?
血は争えん



Aug.24(Thu)00:11 | Trackback(0) | Comment(0) | その他 | Admin

ニュース拾い食い

ネタがないときのブログの救世主。ネットニュース。
まあ、ネタはそれなりにあるんだが。

首都圏停電の間接損害「賠償義務ない」 三国屋建設 朝日新聞
 今月14日に東京圏を中心に発生した大停電に関して、東京電力の高圧電線をクレーン船で切断した三国屋建設は、停電により発生した二次災害に関しては賠償の責任はないと発表した。
 有力マスコミのほとんどは被害地域にあるわけで、電線を切ってしまった三国屋建設を非難するような記事が多いような気がするし、ブロガーも多いはずで、ブログも三国屋建設を叩く意見が多い気もする。
あえて、ここでは東電のせいではないか、という意見を表明してみる。
切断すると大停電を起こすような幹線を無防備にぶら下げている東電に責任は無いのか。
あの電線を切るだけで東京中が停電を起こすという脆弱性をなぜ放置してきたのか。
 個人的な話だが、小学生の頃、牛乳キャップを集めていた。給食についてきた牛乳の牛乳キャップである。当然、そんなものを集めたって、同じキャップが大量に集まるだけの話である。
それを机の上に置いていたのだが、ある日学校から帰ってくるとそれが無くなっていた。
「ゴミかと思った。そんなとこに置いておくあんたが悪い。」とは母の弁である。
つまり、そんな引っかかるような場所に置いておく東電が悪いということが言いたいだけの話なんだが。
 三国屋建設が過去に起こしたクレーン事故を引っ張りだしてきているのは、経験を全く生かしていないと言いたいのだろうが、電線が空中にあることで起こった事故だってある。
報道ヘリが引っかかって墜落したりしているのに、いつまで経っても前時代的な形を守り続ける企業は一体どこだ。
 高圧電線が住宅街を縫うように走っているのに恐怖を感じないのだろうか?

『新日本軍』計画 幻に 東京新聞
 旧日本軍の幹部が、戦後密かに「警察軍」なる軍組織の設立を計画していたことが、アメリカ国立公文書館に保管されていた文書で判明した。 
 結局、近代国家には軍隊が必要ということだろう。
大体、憲法第9条堅固グループが非武装の国の代表としていつも挙げるのはコスタリカくらいしか聞いたことがない。
そんな特殊な国を例として出されても困る。
選挙制度も確か特殊だった気がする。
 軍隊=戦争という考えもあまりにも短絡的すぎる。
軍隊を持っている国はたくさんあるが、現代の国際社会は軍国主義を許容しているようには見えない。
戦争なんかやってるバカは少数だし、そんなバカにいつまでもつきあわされている国もあまりにも哀れだ。

オオタスセリ「ストーカーと-」が話題に 日刊スポーツ
 女芸人、オオタスセリが歌う『ストーカーと呼ばないで』というコミックソングが密かな人気。
 この曲、ブックオフで聞いた。
ストーカー行為だということに気づかないで行為をエスカレートさせるストーカーのおかしさに笑いそうになったが、ここで笑ったら俺が警察に捕まる羽目になると思い、何とかこらえた。
 まあ、好きになったものをとことん追いかけようとするのは人間の性ということで仕方がないと思うが、正々堂々とアタックしたいものだ。
 相手の嫌がる顔だけは見たくない。

拾い食いはお腹を壊す。



Aug.22(Tue)00:07 | Trackback(0) | Comment(0) | その他 | Admin

1904079562

昨日、暇潰しということで今まで録りためておいた『ひぐらしのなく頃に』を一気に見てみることにした。

なんだこりゃ、怖っ!
人間って怖いよー。
もっと怖いのは夏休みの宿題でセミのひぐらしを調べようと思って検索しようと思った時に繰り広げられる光景。

聞き慣れた提供読みの声に現実に戻される。ここが東海テレビということを思い出させる。
時々変わってるね、これ。

ここまでドロドロとしたド修羅場アニメの中に和気藹々パートがあっても白々しいだけだな。気分悪い。
緩急を設ける手法は、かしましと似てる気がした。
そういえば、携帯電話が出てこないのも同じだな。

で、本筋そっちのけで余計なことばっかり考えるのが悪い癖で、主人公の部屋に電話が引っ張ってあるのを怪訝に思ったり、主人公の家の冷蔵庫を見てみたり、ウェートレスの格好に違和感を感じてみたりして気を紛らわしたりなんかして。

怖くて寝れない事態に陥り、wikipediaのつボイノリオの項目なんかを読んだりしてごまかそうと思っていたら、いつの間にやら猟奇殺人を扱ったテキストサイトにたどり着いた。
無限回廊

前にも読んだことあるサイトなのだが、すっかり存在を忘れていた。なぜかこの手のサイトを見る時は台風が来ていたり、妙な天候だったりして怖さをそそる。

何やってんだろう。バカじゃないか。
結局、明るくなってから眠りについた。



Aug.19(Sat)00:22 | Trackback(0) | Comment(0) | まんが・アニメ | Admin

戦争と平和

珍しく8時頃に起きた俺は、おもむろに頭の上にあるテレビのスイッチを押してみた。
いや、このテレビは俺より先輩だ。敬語を使わねば。
珍しく8時頃に起床した私は、ふと頭上にましますテレビの電源を入れさせていただいた。

なにやら騒がしい。
「……靖国神社……小泉……靖国神社……」
まだ寝ぼけていた頭がふと回転を開始し、今日が何の日だったか思い出した。
なんだ、結局参拝したのか。

この手のニュースは適当に見ていると、特定の思想に流される危険性が大きすぎる。
ということで、チャンネルをパチパチと切り替えてみた。

テレビ朝日「スーパーモーニング」。
キャスターだかゲストだか、普段見ていないせいでよく分からないんだが、が涙ぐみながら何かを話していた。
おいおい、ニュース番組のコメンテーターが感情的になってはいかんだろ。
それ以外は別に気にならない。

TBS「朝ズバ」
みのもんたが何か叫んでいた。妙に中韓の意見を取り上げる。
TBSの意見はそれか。

結局、スーパーモーニングに気を取られているうちに他局は別の特集に移行してしまっていた。
番組全編に渡って靖国特集というのはどういうことか。

あれ、さっきTBSに居た人がテレ朝にいるよ。
夜には地元に帰ったらしい。忙しい人だ。

靖国問題は、方向性がバラバラなのが問題じゃなかろうか。
戦前、靖国神社は確かに日本帝国政府が日本の伝統的な祭式を持って、日本帝国のために戦って死んだ者をたたえる目的で営まれてきた。
戦後は、靖国神社は日本国政府とは関係の無い宗教法人に変わった。
しかし、日本帝国政府のために戦って死んだ者をたたえる目的は変わっていない。
靖国神社は自らの教理を持って、勝手に弔っているだけだということだ。
結局、戦前の靖国神社と戦後の宗教法人靖国神社を同一視しているのが原因じゃないか。

複数の要因が絡む問題を解きほぐさずに争ってもあまり意味がない。

戦争自体の話もそうだ。
反対派は、あの戦争でたくさんの人が無駄な血を流した。原爆で悲惨な目に遭った。だから二度とあの過ちは繰り返しませぬからと言っている。
賛成派(というと聞こえが悪いな、容認派とでも言っておこう)は、あの戦争は避けようが無かった。日本を守るためにはしかたなかったんだと言っている。

つまり、反対派は民衆の目でしか戦争を見ていないし、容認派は政府・軍部側からしか戦争を見ていない。

あの戦争が良かったのか悪かったのか、靖国参拝がいいのか悪いのかではなく、どの部分が悪いのか、いいのかはっきりさせてその部分だけでしっかりとした議論を繰り広げていただきたいものだ。
小泉が憎いのか、A級戦犯が憎いのか、日本が憎いのか、靖国自体が嫌いなのかはっきりして頂きたい。

上に書いたことをもとにすると、どうやらA級戦犯が祀られている云々の前に政府首脳が公的な立場として参拝するのが問題であるというのが、俺の意見になるようだ。
あれ?なんだか矛盾点が多いような気もする。結局、どっちでもいいということか



Aug.16(Wed)01:31 | Trackback(0) | Comment(0) | その他 | Admin


(1/2page)
>1< 2 End