いわゆるやまなしおちなしいみなし
 
円周率3パーセントの備忘録
 



まんが・アニメ

円周率3パーセントの憂鬱

あれは今年の3月頃だったと思う。
来季のアニメは一体何をやるのか下調べをしていた時のことだっただろうか、あのみょうちくりんなサイトにたどり着いたのは。
公式サイトのくせにデザインが酷すぎる。見るに堪えない。
それがこのクール最強のアニメが最初に放ったネタであった。

最初に放送を見た印象といえば、同日ほぼ同時間帯のホスト部の登場人物と名前が被っている点。
自主制作映画の再現のリアルさ。

次にあれの名前を聞いたのはFMラジオ。
土曜日夕方1700~放送のサントリー・サタデー・ウェイティングバー・アバンティ。
毎回あるテーマを持ってゲストが語るのを聞き耳を立てて盗み聞きするというコンセプトのトーク番組。
あの日は確かライトノベルがテーマだった。
「マリみて」「キノ」そして「ハルヒ」。

次にあれの名前を見たのは読売新聞。
世界一の発行部数を誇るくせに品薄すぎる。一地方紙に勝てないようではまだまだだな。
確か、よみうり堂という書評欄。
作者のインタビュー。奴の巨大ポスター。
そして、わざわざそのために130円も出して購入した俺。

この間、ハルヒを堂々と立ち読みしている自分に気がついた。
そして、隣でゼロの使い魔を眺めているスーツの上着を脱いだハゲのおっさんに気がついた。

アホか



Aug.5(Sat)23:59 | Trackback(0) | Comment(0) | まんが・アニメ | Admin

円周率3パーセントの異常な趣味 または私は如何にして批判するのを止めてアニメ

タイトル入り切りませんね
HDDレコーダーをふと見たら120時間以上のアニメが記録されているのに気がついて呆然としている円周率3パーセントです。こんばんは。

なんでこんなことになったんだろう?とりあえず省みてみる。

現状:平日はアニメ、土日はアニラジ。最近の悩みは、堀江由衣の声がどこへいっても堀江由衣の声にしか聞こえないこと。
恐ろしい存在感の持ち主だなあ。

0607:もっぱらラジオ。文化放送社屋移転をアニラジを通じて感傷に浸ったりもする。

0606:何気なく新聞を眺めているとABCで田村ゆかりの番組をやっているのに気づく。意外に聞こえるが、やっぱり酷い。
QRでやっていることを思いだし、時間を調べてみる。
今まで聞いていた福山雅治のANNを放棄。土曜2200-2630までアニラジ一色になる。
ついでに日曜のアニラジも聞いてみることにした。

0605:かしましのサントラとキャラソンCDを購入。
土曜2200-2330までだった東海ラジオ聴取を-2500まで延長。ついで、個人的にアニラジの原点的番組を聞くことにして-2630まで延長。

0604:運命の選択。
あれだけはまっていたかしましの放送が終了。アニメを見るのをここで見切りをつけるか。
流石の源石放送終了。アニラジはこれを聞くための副産物。ここで見切りをつけるか。
結局、両方継続することに。

0603:かしましクライマックス。
あまりの急展開に体調を崩して風邪を引く。以前から計画の旅行の旅行先でもかしましのことを忘れられず。
末期は実況しながら視聴、そのあと録画したものを視聴、寝て起きてから飯を食べながら視聴、ダビングしながら視聴と一日数回見るなどとてつもないことに。

0601:かしまし放送開始。
美鳥の日々以来の深夜アニメ。(正確に言えば、弟がシャナだのぱにぽにだの見ているのを横目で見てはいたが)
植田佳奈のいわゆるアニメ声に少し不快感を示す。

0512:かしましラジオ聴取。
堀江由衣と植田佳奈の声が聞き分けられない。辛うじて田村ゆかりの声だけは分かる。

0510:流石の源石放送再開。
チューニングを合わせるのに当時2100-放送していたドラマティック・エンジェルに触れることになる。ものすごい不快感。
放送終了後の堀江由衣の天使のたまごを1分だけ聞いてしまう。なんてかわいらしい声なんだ。

0509:万博終了直前に万博グッズをかき集めることにした。
伊藤秀志の日本まるごと!万博音頭のCDを買うために行ったヤマギワソフト店頭で妙な団体と紅一点を目撃。
棚の前に陣取りやがって、正直うざい。
今思うと、あれは営業に来ていた声優とその取り巻きじゃないか?

0507:涼風
作業が手間取り、イライラしている中、たまたまついていたテレビでアニメをやっているのに気づく。
鈴鹿?こいつは居候なのか?さっぱり理解できん。

04春:美鳥の日々
サンデー掲載漫画のアニメ化ということ、UHF番組ということに惹かれドキドキしながら見る。
スタッフロールを見た当時の記憶を繰ると、「スタジオぴえろ」制作であることと、制作著作がテレビ局の名義ではないことに驚いたことしかない。
確か最終回は試験期間中で、リアルタイムで見た最初の深夜番組。実況を覗いてみたが、同じ書き込みの連続がものすごく不快に感じた。かしまし最終回で自分がそれをしたということに時間の流れを感じる。
この頃、アニラジリスナーと東海ラジオリスナー同士ということで仲良くなるが、この後、深夜アニメとはスパッと縁を切る。

0207:最終兵器彼女
新聞記事の「CBCとCSのみで放送される」云々のくだりに惹かれて見始める。
チープなまんだらけのCMが深夜感をあおる。どんな店か知らなかった。
野球延長の関係で、同じ枠で放送されていたちょびっツが録画されたりなんかしたが、こっちは全く記憶に残っていない。

0204:天使な小生意気
サンデー掲載の漫画のアニメ化作品。
初めて見た深夜枠のアニメもやっぱりTSモノだった。
確か最終兵器彼女と時間が被った上、一年という長丁場に堪えられず飽きた。
これはまだテレビ東京のクレジットがあったし、ただの深夜帯のアニメという印象だった。
この時点で林原めぐみの名前は知っていたような気がする。

0004:ラブひな
この頃、毎日ニュースステーションを見るという習慣を持っていたが、なぜかこっちに鞍替え。
見ていたという記憶と少しのシーンしか記憶に残っていない。
この作品のせいで、検索サイトはライコス、アンチ赤松になった。

俺の友人Yはラブひなが原因で引き込まれたとか言っていたが、俺自身は2005年秋につまずいて、2006年春から転がりだしたという感じ。もうちょっと詳しく思い出してみるか。



Aug.5(Sat)00:44 | Trackback(0) | Comment(1) | まんが・アニメ | Admin

最終回

早いところだと、今夜かしましの最終回が放送される。
しばらく禁足令でも発令しておくか。

10話のやす菜と見たウミホタルととまりと見た“本物の”ホタルの対比がどうも匂う。
あゆきにどちらかを選ぶことを迫られたわけだし、どちらかを選ばないとおかしいし
11話ではずむは宇宙人にやす菜と「誰か」が結ばれれば症状が改善されることを確認している。

ということで、やす菜の症状が改善して、やす菜と一緒にいる意味をなくしたはずむがとまりを選ぶに3000点。

最後二週くらいのシリアス展開に手を離そうかと何度も痛む胸を押さえて思ったりもしたが、悲しみを超えて幸せになるとまだ見えない先の世界を信じることにしたよ。未来はすぐそこまで迫ってきているんだ。

P.S. この作品、市バスの降車ボタンを見るたびに思い出しそうなので、妙な展開はやめてね



Mar.30(Thu)00:22 | Trackback(0) | Comment(0) | まんが・アニメ | Admin

女三人寄れば

現実で深夜アニメについて語り合えるという環境下にあるというのは相当深刻な事態だったりするかも知れないが、特に反省はしていない。
もともと飽きっぽい性格なんで話にはついて行ける程度の知識は持ち歩いてはいるものの実際の所は大して見てなかったりするんだが
唯一ここまで見続けているかしましについて聞いてみた。
「いいね、あれは。なんつうか、エロいね」
確か、二話が放送された後くらいに聞いたんだったかな?
一話の最後には主人公が全裸で登場してたし、二話なんか上半身露出しまくってたしね
作品内で登場人物達が妄想を繰り広げたりもするし
「あんなん見てるの?楽しいか?なんか重い」
彼曰く、レズものか百合かと思ったら、ギスギスしてつまらん、だそうだ。
なるほど、人によって感じ方が違うんだな



Mar.5(Sun)21:49 | Trackback(0) | Comment(0) | まんが・アニメ | Admin


(3/3page)
Top 1 2 >3<